アテモヤについて | アテモヤ・パッションフルーツなど南国のフルーツをご家庭に通販にてお届けします。

アテモヤについて

アテモヤとは?

くわはら農園について

アテモヤは南国の高級フルーツと呼ばれており、希少価値が高く市場にもあまり出回っていません。
私どもの農園では、そのアテモヤを気軽に食べて頂きたいと思い、日本全国の方々に新鮮な美味しさで味わって頂きたいと思っております。

また、当農園はアテモヤをはじめアボカドやパッションフルーツにも取り組んでおり、熱帯果樹は体にも優しく、本土で生産・直送している数少ない農家だと思います。

アテモヤの生産のきっかけ

アテモヤの生産のきっかけ

くわはら農園は4代目になり、ユリ・ストック・カーネーション等を手掛け、現在は電照菊を生産し、全国各地の市場へお届けしています。
その生産知識などを活かして、果物好きな私は、体にも環境にも良い熱帯果樹「アテモヤ」の事を知り、平成26年から生産を始めました。
この美味しさを日本全国の皆様の元へお届けしたいと思い、この度ネットショップをオープンする事になりました。

くわはら農園のアテモヤ

  • 世界三大美果の「チェリモヤ」と「シャカトウ」を掛け合わてつくられた高級フルーツ。
  • 丹精込めて生産しています。
  • 「糖度20度以上」で森のアイスクリームとも呼ばれています。
  • 農園が営む「アテモヤ直売店」なので、収穫直後の鮮度のまま産地直送致します。

アテモヤのおいしい食べ方

  • アテモヤのおいしい食べ方

購入後、25度くらいの室温で保管し、耳たぶ程の硬さに追熟したら食べ頃です。
※室温の高さによっては、追熟のスピードは違います。
・夏場などは数日で食べ頃になります。
・冷やして食べる場合は一度追熟してから冷蔵庫に入れて下さい。
・追熟時にアテモヤの表面(凸部分)の色の変化(黒色に変化する場合があります)は問題有りません。
・食べる際は半分又は四等分にし、白い果肉部分をスプーンですくって食べて下さい。
※黒い種はスイカのように吐き出して下さい。

アテモヤに含まれる栄養素

アテモヤには、カリウムとマグネシウムが豊富に含まれています。
まずカリウムは、ナトリウムによる血圧上昇を抑制が期待できます。 筋肉の働きを良くし、血圧を下げる効果が期待できるので、高血圧の予防にもピッタリです。 また、マグネシウムは体内をめぐる酵素の働きを補助しています。 神経の興奮をゆるやかにし、体温や血圧を調整し、心のバランスを安定させてくれます。

アテモヤの歴史

アテモヤは世界三大美果のひとつでもある南米原産のチェリモヤと、西インド諸島原産のバンレイシ(シャカトウ、アテス)を掛け合わせて生まれたフルーツです。
チェリモヤが、冷涼なチリのアンデス高地からエクアドルが原産なことに対し、バンレイシは熱帯生まれで高温には強いけれど、品質はあまりよくありません。 そんなアテモヤは、チェリモアとバンレイシの良い部分を補うように出来たフルーツで、品質はチェリモヤに近く、性質は両親の中間を示し、亜熱帯の気候によく適しています。アテモヤという名称は、バンレイシの別名「アテス」と「チェリモヤ」の合成語から付けられています。
また、アテモヤは自然交雑によって、9世紀後半のアメリカやオーストラリアで発生したと考えら、栽培の歴史自体は、100年余りと、まだまだ新しい果物です。
1908年にフロリダで交雑育種が開始され、1913年には1樹が結実したことで、他のバンレイシ属と区別する為に「アテモヤ」と命名されたことが始まりです。

商品の購入はこちらから

メールフォーム

Information

アテモヤ直販店 くわはら農園
〒898-0028
鹿児島県枕崎市大塚中町181
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定休

希少価値のあるフルーツ、アテモヤを通販にてご家庭にお取寄せしてみませんか。【アテモヤ直販店 くわはら農園】では、こどもピーマン、きんかん、パッションフルーツ、アボカドなども手掛けております。

お問い合わせ

  • 090-2397-5885
  • 0993-72-1505
  • メールフォーム

pagetop